きよかぜ便り

60の手習いで覚えたパソコンとカメラで楽しんでいます

2015年06月



イメージ 25


2914年6月24日(水)…清瀬市報に「オオムラサキのケージを一般公開」の記事が載っていました。6月17日~7月15日までの水曜日(PM2時~4時まで)と日曜日(AM9:30~11:30)、雨天は中止です。前回は薄曇りでしたが今日は晴天です。

イメージ 1
台田の杜公園…この公園内にオオムラサキのケージが設置されています

清瀬市では、大切な緑の財産を次世代に引き継ぐために、雑木林を大切に保護し管理しています。かつて清瀬には1960年代までオオムラサキが生育していたと言われ、今でも見たとの未確認情報があるそうです。将来的には国蝶「オオムラサキ」が舞う雑木林の再生を目指し、並行してオオムラサキの飼育事業が開始しました。 

イメージ 2

平成25年度には、台田の杜に高さ8m・幅5m・長さ10mのケージを設置、この中で産卵、孵化に成功し、清瀬産のオオムラサキが誕生しました。

イメージ 3

公開開始と同時に多くの人がケージ内に入りオオムラサキの観察をしました。約50匹羽化していますが、多くの蝶はケージの高い天井近くにいます。なかなか下には降りてくれません。"蝶が来たよ~"の声に一所にカメラマンが集まります。

イメージ 4
ケージ上部や食草の榎の枝上に多くの蝶がいます…特に♂は下に降りてきません

暫く経つと、蝶も人に慣れてきたのでしょうか…一匹二匹と目線の枝に止まります。
ちなみに蝶の数え方は正式には「1頭2頭…」なのだそうです…私は匹にします。

イメージ 5
オオムラサキ(大紫)♂

オオムラサキはタテハチョウ科に分類される蝶で、日本の国蝶です。最初に発見されたのは神奈川県で、発見者は東京大学の昆虫学者・佐々木 忠次郎氏です。

イメージ 6
オオムラサキ♀


イメージ 7
オオムラサキの♂♀…お見合いです


イメージ 8

飼育担当の職員の方が"メスが産卵していますよ"と教えてくれました

イメージ 9
エノキ(榎)の葉裏に産卵しています


イメージ 10
沢山の卵を産卵しています


イメージ 11
エノキの葉表に産卵しているのもあります


去年の9月2日に、清瀬市報「オオムラサキの卵が孵化しました」の情報に、このケージを訪ねました。生まれたばかりの小さな幼虫は榎の葉と同じ保護色で、目が慣れるまではなかなか探せませんでした。その時に撮ったのが下の写真です。

イメージ 12
2014年9月2日…孵化したばかりの小さなオオムラサキの幼虫です

この後、榎の落葉と共にオオムラサキの幼虫も木を降り枯葉の下で冬眠します。その時には幼虫の体は、朽葉色・土色の保護色になるそうです。榎の芽吹きと共に幼虫も眠りから覚め、木を上り榎の葉を食み、脱皮して体は緑色に替ります。

イメージ 13
大きな幼虫…これからサナギになり羽化してオオムラサキになります


イメージ 14
食欲旺盛な幼虫…直にサナギになるでしょう


飼育担当の職員の方が「幼虫は可愛い顔をしているんですよ」と…

イメージ 18
幼虫の顔…離れたおめめが可愛いです


イメージ 15
サナギ…じっと目を凝らすと動いているのが解ります…生きています


イメージ 16
大きく膨らんだサナギ…直に羽化しそうです…羽の形も解ります


イメージ 17
脱皮した後の抜け殻…脱皮に失敗したサナギもいました…可哀想でした


イメージ 19
オオムラサキ♀…驚いたような顔をしています…まるでムンクの"叫び"の様です

オオムラサキも慣れてきたのでしょうか…カメラや帽子、肩に止まります。その度にカメラを構えた方々から"右を向いてくださ~い…左もお願いしま~す…ちょっと腰を落として下さ~い…"との注文が飛び交います。一期一会の楽しい一時でした。

イメージ 20


イメージ 21


イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24
可愛い小学生の女の子にも…ブローチの様ねと多くのシャッターが切られました

羽化したオオムラサキは約3週間で命を終えます。オオムラサキは卵から羽化して命を終えるまで約1年の命だそうです。ケージ内にも命を終えた蝶が沢山見られました。そして葉に産み付けられた卵も多く、次世代への命のリレーを感じてきました。





イメージ 1

2015年6月20日(土)…薬用植物園は入園無料、土日は近在の人で賑わいます

イメージ 2
コノテガシワ(児の手柏)

コノテガシワはヒノキ科で葉は檜に似ていますが、枝葉が直立し両面が緑で、表裏の区別が出来ないのが特徴です。名の由来は、枝葉が直立した様が、丁度子供が掌を上に立てているように見えることからです。葉も実も生薬になるそうです。

                                             
イメージ 3
コンニャクの実(蒟蒻の実)


イメージ 4
サボンソウ

ヨーロッパ原産で日本へは明治初期に観賞用として渡来しましたが、現在は野生化しています。全体にサポニンが多く、ヨーロッパでは古くから洗剤として利用されていました、。英名は「ソープワート」…道端の雑草の中に見つけることがあります。


イメージ 5
シオデ(牛尾菜)…新芽は山菜で"山のアスパラガス"とも言われ美味だそうです


イメージ 6
セイヨウニンジンボク(西洋人参木)…芳香があり多くの虫が集います


イメージ 7
セイヨウニンジンボク…別名「ヴィテックス」…南ヨーロッパ・西アジア原産です


イメージ 8
トウキ(当帰)…セリ科の多年草で漢方薬として用いられます

トウキの花の周囲は独特の香りがしています…嘗て私が更年期障害の時に処方してもらい、長く飲んだ漢方薬と同じ香りです。血液の循環を良くするそうです。

イメージ 9
ドクダミ(蕺)…班入りのドクダミ


イメージ 10
ナツシロギク…英名「フィーバーフュー」…ヨーロッパ原産のハーブです


イメージ 11
ノリウツギ(糊空木)…名の由来は樹液を和紙をすく際の糊に利用したことから


イメージ 12
バイカアマチャ(梅花甘茶)…アジサイ科


イメージ 13
バイカアマチャ…葉の下にうつむいて咲く小さな花です


イメージ 14
ビャクブ(百部)…江戸時代に中国から渡来した薬草


イメージ 15
マツモトセンノウ(松本仙翁)

マツモトセンノウの「松本」は、花の形が歌舞伎役者の松本幸四郎の紋所に似ているからで、センオウ(仙翁)の名は、京都府嵯峨の仙翁寺に伝わったことから。


イメージ 16
ヤブタビラコ(藪田平子)


イメージ 17
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)…北アメリカ原産


イメージ 18
ラフマ…中国・モンゴル原産で"ラフマ茶"として飲用されます


イメージ 19
レンリソウ(連理草)

薬用植物園の帰路、野火止用水沿いの道でも花に出会いました

イメージ 20
タイマツバナ(松明花)…別名「ベルガモット」 「モナルダ」


イメージ 21
ノカンゾウ(野萱草)


イメージ 22
ザクロ(柘榴)…八重の絞り模様の園芸品種です


イメージ 23
ザクロ…堅い蕾を割るようにして花は咲き出します


イメージ 24
ヒレハリソウ…別名「コンフリー」…逃げ出して野生化しています

…了…






イメージ 1

2015年6月20日(土)…6月の薬用植物園に咲く花を訪ねてきました。お目当ては"山玉蘭"の花だったのですが、今年はほんの少し枯れた花弁が散らばっているだけでした。もしかしたら隠れている蕾があるかもしれませんから、又後日訪うつもりです。

イメージ 2
アーティチョーク…キク科チョウセンアザミ属の多年草です


イメージ 3
アーティチョーク

アーティチョークは地中海沿岸原産で、草丈は2mを超すこともある大型の植物で、夏に薊に似た紫色の花を咲かせます。ウロコのような萼が重なった若いつぼみが食用となる野菜です。似た仲間にカルドンがありますが、カルドンには刺がありますが、アーティチョークにはないのが見分けとなります。和名は「チョウセンアザミ」


イメージ 4
アキノベニバナサルビア(秋の紅花サルビア)…別名「チェリーセージ」


イメージ 5
アザミゲシ(薊芥子)…ケシ科の植物でメキシコ原産です


イメージ 6
アンミマユス…別名「ホワイトレースフラワー」「ドクセリモドキ・毒芹擬き」

アンミマユスはヨーロッパ原産で、古代より皮膚の白斑の治療薬として用いられていいます。本種に毒はないですが猛毒のドクセリにそっくりの花で注意が必要です。


イメージ 7
イヌキクイモ(犬菊芋)…菊芋に似ていますが塊茎が小さく食用になりません


イメージ 8
イヌゴマ(犬胡麻)…花や実が食用の胡麻に似ていて非なることからの名です


イメージ 9
ウイキョウ(茴香)…別名「フェンネル」

イメージ 10
ウイキョウ

ウイキョウは地中海沿岸原産で古代エジプトや古代ローマでも栽培された歴史上もっとも古い作物の一つです。日本には平安時代に中国経由で渡来しました。西洋料理のピクルス、インドのカレー料理、中国の五香粉に…整腸作用があります。


イメージ 11
ウオトリギ(魚捕木)…台湾原産で、この木の樹毒で漁法をしたのが名の由来です


イメージ 12
ウスベニアオイ(薄紅葵)

ウスベニアオイはアオイ科の植物で、原産地はヨーロッパで英名は「コモンマロウ」と言います。日本には江戸時代に渡来しました。古代ギリシャの時代から茎や葉はサラダとして、又ハーブティとして利用されます。気管支炎に効用があるそうです。


イメージ 13
ウツボグサ(靫草)…生薬となり利尿、消炎作用があります


イメージ 14
エキナセア・パリダ…アメリカ先住民が風邪薬として用いたそうです


イメージ 15
オオセンナリ(大千成)…ホオズキに似た実がなりますが赤くはなりません


イメージ 16
オクナ・セラルタ…別名「ミッキーマウスノキ」…黒い実が目のようです


イメージ 17
オジギソウ(お辞儀草)


イメージ 18
ギンパイソウ(銀盃草)…原産地はアルゼンチン・チリ

昨年8月訪れた赤城自然園で、群生して咲くこの花の名が解りませんでした。帰り際、職員の方に撮った写真を見てもらい「ギンバイソウ・銀盃草」の名が判明しました。それ以後一度も見たことがない花でした…真っ白の盃の形の可愛い花です。


イメージ 19
クガイソウ(九蓋草)


イメージ 20
クコ(枸杞)…秋に赤いクコの実がなります


イメージ 21
クサイチゴ(草苺)の実


イメージ 22
クサボタン(草牡丹)…咲き始めたばかりです


イメージ 23
ケンポナシ(玄圃梨)…クロウメモドキ科の落葉高木


イメージ 24
ケンポナシ

ケンポナシのユニークな点は、秋に果実を付ける柄(果柄)が不規則に屈曲したように大きく膨らみ、これが甘くて食べられるところです。ナシのような甘い味がするそうです。ケンポナシの花は何度も見ていますが、実にはあまり目が行かず何時も撮り損ねています。今年こそ是非、ケンポナシの実を撮りたい思いでいます。

…②に続きます…






イメージ 1

2015年6月17日(水)・明治神宮御苑の睡蓮と花菖蒲を観賞した後、御苑北門から出て明治神宮参拝の御社殿へと向かいました。見上げる空の雲行きが怪しいです。

イメージ 2
御社殿前の鳥居…奥は楼門


イメージ 3
明治神宮・楼門


イメージ 4
明治神宮本殿前の拝殿…左側は御神木の夫婦楠

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする神宮で、1920年(大正9)創建です。崩御後の明治天皇も昭憲皇太后も京都の伏見桃山御陵に葬られています。大晦日から正月三が日の初詣の参拝者が、300万人にものぼることでも知られます。

イメージ 5
明治神宮の御神木・夫婦楠

明治神宮拝殿前南側にある2本の楠は、1920年(大正9)のご鎮座当時に献木された楠で、良縁のパワースポットになっているそうです。この辺りは、富士山から皇居へ向かう龍脈が合流する場所で、龍穴の強力な自然エネルギーの流れがあるそうです(ネット情報)、夫婦楠の前から拝殿に向かって参拝をするのがいいそうです。

明治神宮拝殿を後に駅へと向かいました…黒い雲が近づきましたが"お天気は何とかもちそうね"と呑気に歩いていたら、この後とんでもない破目に会いました。

イメージ 6
参道内の巨木に寄って"気"を戴く友人達


イメージ 7
明治神宮に奉納された酒樽


イメージ 8
明治神宮に奉納されたワイン樽

ワイン樽の奉納は珍しいです。説明版によると…衣食住で西洋文化を愛でた明治天皇の「和魂洋才」にちなみ、ブルゴーニュ地方の銘ワインの醸造元から贈られた奉納物とのことです…有名なロマネコンティをはじめすべて、フランス・ブルゴーニュの醸造家が自分達の畑でつくったワインを奉納しているのだそうです。

南参道の鳥居を出て、もう直に駅というところでスコールのような雨が降りました。傘もあまり役に立ちません…友人の手招きで電話ボックスに逃げ込みました…雨足がほんの少し衰えた処を見計らい、足早に駅に向かい銀座線に乗り銀座へ…。

イメージ 9
数寄屋橋公園の奥は岡本太郎作の彫刻「若い時計台」
手前は菊田一夫筆「数寄屋橋此処にありき」の碑

銀座駅で降りて地上に出てからは、どの道をどう歩いたのか解りません…友人の後を迷子にならない様に付いて歩きました。ビルのショッピング街も通り抜けて、幾たびか道を曲がって、お目当ての鰻屋さんを見つけることが出来ました。

イメージ 17
鰻・銀座・ときとう

イメージ 18




イメージ 19

ネットではお店の主人をこんな風に紹介していました…江戸の文化を担う鰻の世界に登場した究極の匠・ 時任恵司が中学を卒業し、15歳の時に自分の命にかえて誓った最初で最後の唯一の約束 ~世界最高、史上最高の鰻職人になること~と…

イメージ 10
8人の友人のうち4人が"ウワバミ"…もちろん私もビールで乾杯です


イメージ 11
待ちに待った"うな重”…肝吸い付きです

国産鰻を使ったふっくらと柔らかい『うな重』のお味の美味な事…頬がとろけそうでした。お米も能登産のコシヒカリを釜炊きにしています。31歳の若い主人の笑顔からは、15歳の頃からの睡眠時間3時間の過酷な辛い修行の影は、微塵も感じさせない好青年です。鰻の究極の創作ディナーも品数多くあるようです。

鰻『ときとう』を後にもう1軒、友人のお薦めのお店に向かいました…何とコーヒーに金箔が入っているのだそうです。ここは『いしかわ百万石物語・江戸本店』です。

イメージ 20
『いしかわ百万石物語・江戸本店』…写真はネットから戴きました

伝統と文化に彩られた石川県の四季折々の美味と美品を取り揃え、東京近郊の方々に石川県を存分に味わって戴くためにオープンしたアンテナショップです。

イメージ 12

カフェコーナーは2階です…2階のフロアでは、伝統工芸品が数多く陳列されていて美術館のようです。天井照明は和紙、"燈籠流し"をイメージしています。

イメージ 21
燈籠流しをイメージした和紙の天井照明…優しい灯りです


イメージ 13

奥のカフェは、総勢8名の私達専用となりました

イメージ 14

陳列されている中で目に留まった輪島塗のコーヒーカップです…¥32,400と高価です…この後に、このコーヒーカップで金箔入り珈琲を頂けるとは思いませんでした。

イメージ 15
金箔入り珈琲は御菓子付きで¥500です…3種類の御菓子の中から選べます


イメージ 16
金箔コーヒーと御菓子

珈琲と和菓子の味わいもさることながら、この木をくり抜いた輪島塗のコーヒーカップのお味に魅了されました。一流の石川県の伝統工芸品を惜しむことなく、普段使いのように客に提供し、味あわせて下さる度量の深さに感動しました…流石100万石のお膝元、石川県が好きになりました。銀座に来た時に、又この器でコーヒーを戴きたいものと思いました。これからホテルオークラへ向かう友人達と別れ、私達3名の友人は有楽町線で帰宅しました…目も心も胃も大いに潤った楽しい一日でした。
…了…



イメージ 1

2015年6月17日(水)・パソコン教室の友人が「銀座で鰻を食べる会」を企画して下さり参加しました。ランチの前に、今が見頃の明治神宮御苑の花菖蒲を観賞します。集合場所駅から地下鉄副都心線の"明治神宮前"で降り、南参道を歩きました。

イメージ 2
明治神宮・南参道の鳥居…総勢8人の友人達と大きな鳥居をくぐります


イメージ 3
広い南参道…両脇はうっそうとした森です

明治45年に明治天皇が、大正3年3年に昭憲皇太后が崩御後、両陛下を偲ぶ国民からお二人を祀る神社創建の機運が高まり、明治神宮が創建されました。境内地は明治天皇が「うつせみの代々木の里はしずかにて都のほかのここちこそすれ」と詠まれた代々木御料地と決まりました。この地は元加藤清正邸、後に彦根藩主井伊家の下屋敷のあった所、面積70万㎡の境内は、そのほとんどが全国青年団の勤労奉仕による造苑整備されたもので、現在の深い杜の木々は全国から献木されたおよそ10万本、365種の木々を青年団が植樹した人工の森です

イメージ 4
石橋(神橋)の下を覗くと水が流れます…嘗ての渋谷川の源流の一つです

渋谷川は♪春の小川はさらさら行くよ…♪のモデルにもなったとも言われる川です。
現在は暗渠になっていますが、今でも表参道北側に旧路の「旧渋谷川歩道」があります。水路の好きな私達夫婦は、四谷大木戸の玉川上水の余水も流して水量が多く、水車も廻っていたという旧渋谷川(穏田川)水路を伝い歩いたことがあります。

イメージ 5
明治神宮・御苑東門入口


イメージ 6
うっそうと茂る杜は、原生林の糺の森のようです


イメージ 7
道端に咲くオオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)…昨夜の雨に濡れています

木間から睡蓮の咲く南池が見えてきました…周囲の木々も睡蓮の花も池面に水鏡のように映りこむ見事な美しい風景です…昭憲皇太后様もお気に入りで、時々釣りを楽しまれた事があるのこの池の畔には「お釣台」の名があります。

イメージ 8
睡蓮の咲く池…広く全体をパノラマカメラで写してみたいです


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11
水面に映りこむ花が美しいです


イメージ 12
水面下にも咲くがに見えます…極楽浄土があるとしたらこんな処でしょうか


明治神宮御苑の花菖蒲は、明治26(1893)年に、明治天皇がお妃の昭憲皇太后を労わるために植えられたものです。現在約150種、1500株が咲いています。

イメージ 13
奥に四阿が見えます…雨粒の残る花菖蒲は生き生きとしています


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16
菖蒲田は流麗な曲線を描いて奥に連なります…水源は「清正井」です


イメージ 17
茅葺屋根の四阿からの景色

イメージ 20
          王昭君                      沖津白波

イメージ 21
           鎌田錦                     三笠山

イメージ 22
          春日野                       松葉重

イメージ 23
           真鶴                      立田川

菖蒲田の奥に「清正井」があります。湧水の井戸であり、東京都の調査では水温は四季を通じて15度前後と一定していて、毎分60ℓの湧水量があります。昔から加藤清正自ら掘ったと伝わります。加藤清正は安土桃山・江戸初期の武将で朝鮮出兵での「虎退治」の話は有名ですし、又築城や治水に長けた人物としても名高いです。

イメージ 18
清正井…澄んだ湧水です

イメージ 19
清正井…流れに手を入れると冷たくて気持ちよかったです

ここから明治神宮参拝に拝殿へと向かいました…続きます…




↑このページのトップヘ