きよかぜ便り

60の手習いで覚えたパソコンとカメラで楽しんでいます

2017年06月


イメージ 1


2017年6月24日(土)…薬用植物園に咲いていた6月の花の続きです。

イメージ 2
ヤエドクダミ(八重蕺草)…ドクダミの八重種


イメージ 3
トモエソウ(巴草)…オトギリソウ科で、5枚の花弁が巴形になるのが名の由来です


イメージ 4
トリアシショウマ(鳥足升麻)…日本固有種で、若芽は山菜として食用になります


イメージ 5
ヌマトラノオ(沼虎の尾)…湿地に生え、花穂はまっすぐに伸び穂先が垂れません


イメージ 6
ネジバナ(捩花)…別名『モジズリ・綟摺』…右巻きと左巻きの両方あるそうです


イメージ 7
ヒロハノレンリソウ(広葉連理草)…西欧原産で、別名『宿根スイートピー』


イメージ 8
ベラドンナ…ナス科でイタリア語で美しい女性を意味しますが別名『オオカミナスビ』


イメージ 9
ベラドンナの実…黒い瞳のように光り輝く実ですが、全草有毒の悪魔の草です


イメージ 10
ホタルブクロ(蛍袋)


イメージ 11
マツムシソウ(松虫草)


イメージ 12
マツモトセンノウ(松本仙翁)…名は、花形が歌舞伎・松本幸四郎の紋所に似る為


イメージ 13
モナルダ…和名『タイマツバナ・松明花』…『ベルガモット』とも言われるハーブです


イメージ 14
青空に捧げる"松明のような花"…蕊の美しい咲き始めの花でした


イメージ 15
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)…北米原産の帰化植物


イメージ 16
ラベンダー…畑一面に植栽され、辺りには爽やかな花の香りが漂っていました


イメージ 17
ギンパイソウ(銀盃草)…別名『ニーレンベルギア』『カップフラワー』


イメージ 18
ジョウザンアジサイ(常山紫陽花)…鉢植

ジョウザンアジサイは装飾花のない両性花だけのアジサイです。中国原産で、常山の名は中国山西省の常山に因み、根は『常山』という生薬で、抗マラリア・解熱・吐痰薬として用いられ、葉も生薬です。独特の雰囲気を持つ低木の紫陽花でした。


イメージ 19
ニンジンボクの花も咲きだしていました


イメージ 20
バイカアマチャ(梅花甘茶)


イメージ 22
ヒトツバハギ(一葉萩)…地味な目立たない花です


イメージ 21
ブルーベリー・ラビットアイ


イメージ 23
フェイジョア

フェイジョアは南米原産のフトモモ科の常緑低木で、果実にはパイナップルとバナナの中間のような芳香があり、生食でもジャムに加工しても美味しいそうです…花は何度も見て知っていますが、未だ果実を食したことがありません。


…了…


イメージ 1

2017年6月24日(土)…久し振りに薬用植物園に出掛けました。目的は、三千年に一度咲くと言われる『サンギョクラン・山玉蘭』の花を見る事でしたが、園のスタッフに伺うと、既に全ての花が2週間前に咲き終わってしまったとのことでした。因みにサンギョクランは毎年咲いています(笑)…園内を廻り6月に咲く花の写真を撮りました。

イメージ 2
アーティチョーク…和名は『チョウセンアザミ』、若い蕾は食用になります


イメージ 3
アーティチョーク…高さは2mを超えて、花も人間の頭ほどに大きいです


イメージ 4
アザミゲシ(薊芥子)


イメージ 5
ウマノスズクサ(馬の鈴草)…ジャコウアゲハの食草です


イメージ 6
エキナケア・パリダ…和名は『ムラサキバレンギク・紫馬簾菊』


イメージ 7
エキナケア・パリダ…花が咲き進むと、花弁が垂れてきます

エキナケア・パリダ…根の成分は、ネイティブアメリカンの間で古くから風邪薬として用いられたハーブで、免疫力を高めるほか、風邪やインフルエンザに対する抗ウィルス性、抗菌性などの効果があるそうです。 和名は、開花終盤に舌状花が垂れ下がり、その形が「バレン」と呼ばれる「火消しのまとい」に似ていることに由来します。


イメージ 8
オオバナイトタヌキモ…小さな水生植物です


イメージ 9
コウホネ(河骨)


イメージ 10
カッコウチョロギ…別名『ベトニー』…ヨーロッパ原産のバーブです


イメージ 11
カワラナデシコ(河原撫子)


イメージ 12
クレオメ…和名は『セイヨウフウチョウソウ・西洋風蝶草』


イメージ 13
サジオモダカ(匙面高)…水辺に咲く植物で、塊茎は生薬になります


イメージ 14
シロバナシナガワハギ(白花品川萩)


イメージ 15
スイセンノウ(酔仙翁)…別名『フランネル草』


イメージ 16
アマギアマチャ(天城甘茶)


イメージ 17
エゾアジサイ(蝦夷紫陽花)…盛りの花は、飾り花の青色がもっと鮮やかです


イメージ 18
ウオトリギ(魚捕木)…樹毒を用いて魚毒漁法をしたことが、名の由来です


イメージ 19
クサボタン(草牡丹)


イメージ 20
クチナシ(梔子)…果実が熟しても割れないことが、「口無し」という名の由来です


イメージ 23
オクナキルキー…別名『ミッキーマウスノキ』…黒い実がミッキーの目のようです


イメージ 21
ケンポナシ(玄圃梨)…実の根元の枝が膨らみ、梨のように甘く美味しくなるそうです


イメージ 22
ドクウツギ(毒空木)…鉄柵の中に植栽される有毒植物です

ドクウツギは、トリカブト、ドクゼリと並ぶ日本三大有毒植物の一つです。実は赤く美味しそうに見え、熟すと黒柴色になりますが猛毒、実だけでなく全木有毒で、誤飲すると死に至ることもあるそうです。初めて見た恐ろしい植物でした。

…②に続きます…



イメージ 1

2017年6月22日(木)…調布市野草園への道すがら、東京都立農業高校・神代農場校門前に、"本日一般公開日"の看板を見つけました。以前から入って散策したいと思いつつ実現できないでいましたので、野草園の帰りに立ち寄り散策しました。

校門前に鎮座する青渭(あおい)神社と神代農場は深い縁があります

イメージ 2
青渭(あおい)神社鳥居…(調布市深大寺元町5丁目)

青渭神社の創建年代は不詳ですが、湧水の豊富な当地に居住した先住民が、生活に欠くことの出来ない水を尊び、祠を建て水神を祀ったことが起源と伝えられます。深大寺町の総鎮守として古来より崇敬を集め、約3000坪以上の広大な社地を保有し、境内に湧水による大池があり、青波を湛えていたことが神社の名の由来です。

イメージ 3
鳥居前の、高さ約34m・目通り幹囲約5.5m、樹齡数百年と推測されるケヤキの巨木


イメージ 4
青渭神社の欅は『江戸名所図会』にも描かれます…当時既に巨樹で有名でした


イメージ 5
青渭神社前の『東京都立農業高等学校神代農場』…本校は府中市寿町にあります

詳細は解りませんが…嘗ての青渭神社の大池は、社前を通る三鷹通りを造成する為に一部埋め立てられ、そして社地内を中央自動車道も通りました。神代農場は昭和23年に青年学校射撃用地から、都立農業高等学校の付属農場として譲渡されたのが始まりです…この農場の谷戸の湧水池は青波を湛えた大池の名残です。

イメージ 6
現在の神代農場の航空写真(神代農場HPより)


イメージ 7
校内に入りました…右下の深い谷戸には、湧水の渓流と竹林があります


イメージ 8
記帳台…住所と名を記しました


イメージ 9
ガクアジサイの花が綺麗に咲いていました


イメージ 10
四阿…傍らには、学生用のバーベキュー施設がありました


イメージ 11
谷戸への急な階段を下ります


イメージ 12
湧水の池

神代農場の広さは24,834㎡、東京ドーム2個分あります。谷戸の4か所に湧水の池があり、その湧水を使い『山葵』も栽培されていますが、水温気温が高いために大きくは育たないそうです…また椎茸も栽培され、ニジマスも養殖しています。

イメージ 13
国分寺崖線の"はけ"の水が湧出して溜まった池です


イメージ 23
湧水は冷たく気持ちよかったです


イメージ 17

イメージ 14
ニジマスの養殖?…一般公開路は規制線があり、施設には近づけません


イメージ 15
深山幽谷の景色ですが、右の森の上を中央自動車道が通り、車の騒音がします


イメージ 16
湧水を利用した水田…"もち米"が植えられ、収穫後は餅つきをするそうです


イメージ 18
谷間から丘を登ります


イメージ 19
山の斜面にはカタクリの花が群生するそうです


イメージ 20
カタクリの花の季節には、土日も一般公開されます


イメージ 21

イメージ 22
樹々の間から、谷間の水田や養殖施設が見えます


と…美しい形の珍しい蝶が目の前を飛びました

イメージ 24
ホタルガ(蛍蛾)…右の写真は、自宅マンション駐車場で撮りました

昼間に飛ぶ蛾で、頭が赤くて全体に蛍に似た体色をしています。丁度出掛ける直前にも、駐車場のコンクリートの上でこの蛾に出会っていました。不思議な縁でした。


…了…


イメージ 1

2017年6月22日(木)…梅雨時に咲く『ギンバイソウ・銀梅草』という美しい花があります。先週の17日に調布市野草園に見に出掛けましたが、休園日で扉が閉まっていて残念な思いをしましたので、今回は午前十時の開園直後に電話をして確かめ、花情報も伺いました。本日は開園していて、目的のギンバイソウの花も、"ちょうど今朝一番花が開花しました~"とのお返事です…ペタルも軽く花に会いに出掛けました。

イメージ 2
調布市野草園

ここは中央高速道の真下、深大寺自然広場の谷戸に位置していて、野草好きの人には魅力のある野草園です…昔から多摩地区に自生している山野草を中心に、約300種1万本以上の野草が4000㎡の地に植栽されます…昭和59年に開園しました。

まずはギンバイソウの咲く処に直行しました…真っ白い花が咲いています

イメージ 3
ギンバイソウ(銀梅草)…アジサイ科ギンバイソウ属の多年草


イメージ 4
ギンバイソウ…本州関東地方以西に自生するので、都内で咲くのは珍しいです


イメージ 5
萼片が2~3枚の装飾花と、萼片と花弁がそれぞれ5枚の両性花からなります


イメージ 6
ギンバイソウの名は、両性花の5弁の花を梅に見立てたことによります


イメージ 7
ギンバイソウの雄蕊の美しい事…装飾花がなくとも虫は見つけて寄ってきそうです

ギンバイソウの花を見に毎年野草園に来ていますが、花開く前だったり盛りを過ぎていたりで、最高の花時には中々出会えません…このように美しく咲く純白の一番花を見たのは久し振りで、感動しました。渓谷林などの湿った林床に咲く花です。


イメージ 8
ギンバイソウの葉…対生の倒卵形の葉は、葉先が2裂しています


もう一つの気になっている"クサアジサイ"も,花が咲き始めています

イメージ 9
クサアジサイ(草紫陽花)…咲き始めたばかりの花…咲き進むと華やかになります


イメージ 10
クサアジサイ…両性花の五弁花が一花だけ花開いています…雄蕊が美しいです


イメージ 11
クサアジサイ…草木のアジサイで、両性花の周辺に装飾花を付けます


イメージ 12
ハグロソウ(葉黒草)…珍しい2枚の花弁の花です


イメージ 13
オニシバリ(鬼縛り)の実…別名『ナツボウズ』で、夏に落葉します


イメージ 14
チダケサシ(乳茸刺)…咲き始めたばかりの花です


イメージ 15
アレチハナガサ(荒地花笠)


イメージ 16
ヤナギハナガサ(柳花笠)


イメージ 17
ウツボグサ(靭草)


イメージ 18
オカトラノオ(丘虎の尾)とモンシロチョウ


イメージ 19
ホタルブクロ(蛍袋)


イメージ 20
シナノアキギリ(信濃秋桐)…キバナアキギリに似ますが、葉が円心形で腺毛多し


イメージ 21
ハギ(萩)


イメージ 22
イワタバコ(岩煙草)…鉢植…薄紫の星のような花が綺麗です


イメージ 23
管理棟窓口に咲いていた『ウチョウラン・羽蝶蘭』と『ナゴラン・名護蘭』…鉢植


調布市野草園後に、この園の北側に位置する"都立農業高校・神代農場"に立ち寄りました…当日は一般公開日の木曜日で、中に入ることが出来ました…続きます。






イメージ 1

2017年6月20日(火)…清瀬市柳瀬川通りにある"台田の杜"に、国蝶・オオムラサキの飼育をしている高さ8m・幅5m・長さ10メmの飼育ケージがあります。嘗て1960年代までは清瀬に生育していたと言われるオオムラサキ…清瀬市では、雑木林の若返りや更新を図り、将来は再び国蝶・オオムラサキの舞うような雑木林の再生を目指しています。今年で清瀬生まれのオオムラサキは4世代目となるそうです。

イメージ 2
台田の杜の碑とオオムラサキ飼育ケージ


イメージ 3
林の中のケージ内には、オオムラサキの食草・エノキが多く植栽されています


イメージ 4
天井からぶら下るネットには、熟れたバナナが入っています


イメージ 5
地面に滴り落ちたバナナの汁にも、多くのオオムラサキが群れています


イメージ 6
今まさに、サナギから脱皮したばかりのオオムラサキ…翅がまだ濡れています


イメージ 7
脱皮して時間が経つと、翅を広げて乾かします…まだ飛べません


イメージ 8
脱皮前のサナギ(蛹)…まだまだ沢山の蝶が、これから誕生します


イメージ 9
ケージ内では♂と♀がお見合いしています…♂は下の♀を選んだようです


イメージ 10
オオムラサキ♂…オオムラサキの名の如く、翅の青紫色が輝くように美しいです


イメージ 11
♀は♂よりも一回り大きいです


イメージ 12
本当はエノキ(榎)の枝に止まって欲しいのですが…なかなか止まってくれません


イメージ 13

イメージ 14
彼方此方で♂♀のお見合いですが、榎の葉に産み付けられた卵は見つかりません


イメージ 21
チョウは近視のため眼だけでは自分の仲間かどうか見分けにくく、触角で相手を確認します…触覚の先に臭いをかぐ器官があり、♂か♀かを互いに確認するそうです


イメージ 15

イメージ 16
やっとエノキの枝に止まった蝶を見つけました


ほとんどの蝶はケージの上部に止まっています…やはり外の空が恋しいようです


イメージ 17
オオムラサキの顔


イメージ 18
エノキの枝を動き回るオオムラサキの幼虫…目と目が離れてい、とても可愛いです


イメージ 19

羽化したオオムラサキは約3週間で命を終えます。オオムラサキは卵から羽化して命を終えるまで約1年間の命だそうです。清瀬市では遺伝子のかく乱などを起こさないように、羽化した成虫は放蝶しない方針です。因みに蝶は動物学的には″1匹2匹″ではなく″1頭2頭″と数えるのが正しいそうです。

イメージ 20
右側の蝶は♂か♀かよく解りません…両性具有の蝶にも見えます


短い動画も撮ってみました…只今動画練習中です





↑このページのトップヘ