イメージ 23

2018年7月4日(水)…私の住む清瀬市は、まだ雑木林が多く残る緑豊かな街です。嘗て1960年代までは、オオムラサキが雑木林を飛び交う光景が見られたそうです。市が平成24年度に、日の出町・谷戸沢廃棄物処分場からオオムラサキの幼虫を提供してもらい、オオムラサキの飼育事業が開始されて今年で7年目です。この豊かな緑を次世代に引き継ぎ、将来的にはオオムラサキの舞う雑木林を目指しています。

イメージ 1
オオムラサキの飼育ケージは清瀬市台田の杜にあります

今年は昨年よりも10日も早く5月5日に♂が蛹に、23日には♂の羽化が最初に確認されました…♂が羽化後の約1週間程後に♀が羽化します…寿命は約1年です。


イメージ 2
ケージ内には、オオムラサキの食草である榎の鉢が多く置かれています


イメージ 3
ケージの天井からは青空が見え、外に飛び出したい蝶が網に張り付いています


成蝶数は6月中旬が一番多く、終盤の当日は成蝶の数は少なかったです

イメージ 4
発酵したバナナの餌に集まる蝶…オオムラサキの♂は♀よりも一回り小さいです



イメージ 5

イメージ 6
オオムラサキ(大紫)♀…翅を広げた大きさは約12cm…♂よりも大きいです



イメージ 7

イメージ 8
オオムラサキ(大紫)♀…大きさは約10cm…国蝶に相応しい美しい蝶です

オオムラサキはタテハチョウ科の大形の蝶で、日本で最初に発見され、昭和32年に日本昆虫学会に於いて、世界に誇る格調高い華麗な蝶として国蝶に決まりました。
翅を広げると10㎝以上になり、♂は表側が美しい紫色に輝きます(ネット参照)


イメージ 9
終齢幼虫…体が大きくなり目立ち、自然界では鳥に食べられやすい時期だそうです



イメージ 10
終齢幼虫…六齢幼虫とも言い、これから前蛹(ぜんよう)~蛹(さなぎ)となります



イメージ 11
蛹(さなぎ)…榎の葉に擬態していていて、見つけることが難しいです



イメージ 21
羽化した蛹の抜け殻


二組のカップルが交尾中でした

イメージ 12
オオムラサキの交尾…左♂右♀…強風が吹き抜けますがびくとも動きません



イメージ 13
オオムラサキの交尾…左♀右♂…受精するには長時間がかかるそうです



イメージ 14
オオムラサキの♀が産卵の準備中です



イメージ 15
オオムラサキの♀が榎の葉に産卵中です



イメージ 16
榎の葉に産み付けた卵…右側の卵は膨らんでいて、直に孵化しそうです



イメージ 17
左…孵化した後の卵の殻は幼虫が食べます…右は孵化したばかりの一齢幼虫



イメージ 18
一齢幼虫が1週間後に脱皮して二齢幼虫になります…可愛い角が生えてきます



イメージ 19
榎の幹を動き回る二齢幼虫…とても俊敏です



イメージ 20
ボランティアガイドの男性のお腹で、♀蝶が舞っています



イメージ 22
ボランティアガイドの女性の背中で、♀蝶が産卵を始めました…アレレ!!


不得手な動画を少し撮ってきましたので、YouTubeに編集してみました